自宅の建替えと法規!?

海老名市の不動産エージェントの海老名不動産情報館です。

 

本日は、自宅の建替えについて解説していきたいと思います。

 

 

 

再建築不可物件とは?!

 

建て替えができない土地がある事をご存知ですか。

 

親が所有している実家を建て替えれば土地を買うための費用が不要になる。

 

また、古家付きの土地を買ってば更地で買うよりも割安で買えることもある。

 

など思ってみたりしていませんか。

 

たまに見かけるのがとても格安な販売図面の隅の方に「再建築不可物件」と書いてある物件です。

 

「再建築不可物件とは更地にした後に新たに建物を建てることができない物件(土地)のことです。

 

これは、建築基準法第42条で規定している「道路(幅員が4メートル以上のものをいいます)」が大きく関わっています。

 

建築基準法では道路に2メートル以上接していない敷地の場合には、建物を建てることができないと規定です。

 

建築基準法が施行される以前に立っていた建築物は問題とはなりませんが、その建築物を取り壊して新たに建物を新築するときには現在の建築基準法が適応される為、再建築不可になってしまうのです。

 

自宅の建替えを検討されている場合は「再建築不可」に該当しないかをまずは確認しましょう。

 

 

 

「2項道路」と「セットバック」とは?

 

古家付きの土地を検討されている場合の方も同様です。

 

「道路(幅員が4メートル以上のものをいいます)」と書きましたが4メートル未満の場合で建築不可になる場合は、「敷地のセットバック」を行うことで、家を建てることができます。

 

このような道路を「2項道路」(法42条2項道路。建築基準法の42条2項から)または、「みなし道路」といいます。

 

「敷地のセットバック」とは、土地が接している道路がこの2項道路の場合、道路中心線から2メートルの位置まで後退(セットバック)した線まで建物を建てずに空けておくことです。

 

なお、片側が川や崖になっていて、道路が広げられない場合は、川や崖側の道路境界線から4メートルのところまで敷地のセットバックが必要になります。

 

 

一建築物一敷地の原則

 

また、以前の記事「 同じ敷地に2棟の家は建てられない一建築物一敷地の原則」もご参考下さい。

 

建物を建てるためには、建てる土地にいろいろな規制がありますので安い土地だからと安易に手を出すと痛い目にあってしまいます。

 

弊社には専門のエージェントがおりますので気になる物件がございましたらご相談下さい。

 

 

 

ご不明点等がございましたら、

 

海老名市の不動産エージェント、海老名不動産情報館へお気軽にご相談ください。

 

代表 諏訪信忠

>海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

当社トゥルースは、神奈川県海老名市で2000年に設立された不動産会社です。

当社代表は不動産コンサルティングのプロフェッショナルとして、
宅建士・(公認)不動産コンサルティングマスター・相続対策専門士・CFP・1級FP技能、さらに法務大臣認証ADR調停人認定専門員として
競売不動産取扱主任者・相続診断士・敷金診断士の基礎資格を有しております。

不動産競売代行サポート・任意売却相談・相続対策などお客様のニーズに合わせて総合的な不動産コンサルティング業務を展開しております。
不動産相談は一人で悩まずプロにおまかせください。

海老名不動産情報館 有限会社トゥルース
TEL 046-292-2404
営業時間/9:00~17:00 定休日/不定期
神奈川県海老名市大谷北2-2-62