不動産用語解説。「セットバック」とは?

海老名市の不動産エージェントの海老名不動産情報館です。

 

本日は、セットバックについて解説していきたいと思います。

 

 

セットバックとは?

 

戸建てや土地の販売チラシに「セットバック」という記載があった場合、気を付けることはなんでしょうか。

 

建築基準法では、原則として、前面道路の幅員が4m以上ない場合、建物の建築が認められません。

 

そして、道路の幅員が4mない場合には、建築確認を取る場合に、道路の幅員が4mになるように敷地面積を後退させられてしまいます。

 

これが「セットバック」です。

 

道路の向かい側が宅地だった場合には、自分の宅地は道路の中心線から2mになるところまでセットバックすればよいことになります。

 

一方で、道路の向いが崖や河川、または線路だった場合には、道路の幅員が4mになるまで一方的にセットバックしなければなりません。

 

状況に応じて、敷地として使える面積が大幅に変わってしまいますので、ご注意が必要です。

 

敷地として使える面積が減るということは、そのまま建築できる建物の面積に影響する、ということになります。

 

 

建ぺい率、容積率とは?

 

各土地には、「建ぺい率」「容積率」という定めがあります。

 

たとえば、「容積率80%」という規定がある土地では、100㎡の土地には80㎡の建物までしか建築できません。

 

 

建築できる面積に大きな違いに?!

 

そして、登記簿上は100㎡あるとなっている土地でも、「セットバック」により有効土地の面積が90㎡となってしまった場合には、建築できる建物の面積も82㎡までとなります。

 

8㎡減少してしまえば、5帖の1部屋分が狭くなってしまうことになります。

 

大きな違いになりますね。

 

販売チラシに「セットバックあり」との記載があった場合には、ご希望の条件を満たしているのか、注意深く調べるようにしましょう。

 

 

ご不明点等がございましたら、

 

海老名市の不動産エージェント、海老名不動産情報館へお気軽にご相談ください。

 

代表 諏訪信忠

>海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

当社トゥルースは、神奈川県海老名市で2000年に設立された不動産会社です。

当社代表は不動産コンサルティングのプロフェッショナルとして、
宅建士・(公認)不動産コンサルティングマスター・相続対策専門士・CFP・1級FP技能、さらに法務大臣認証ADR調停人認定専門員として
競売不動産取扱主任者・相続診断士・敷金診断士の基礎資格を有しております。

不動産競売代行サポート・任意売却相談・相続対策などお客様のニーズに合わせて総合的な不動産コンサルティング業務を展開しております。
不動産相談は一人で悩まずプロにおまかせください。

海老名不動産情報館 有限会社トゥルース
TEL 046-292-2404
営業時間/9:00~17:00 定休日/不定期
神奈川県海老名市大谷北2-2-62