捨てることができない不動産の捨て方

海老名市の不動産エージェントの海老名不動産情報館です。

 

 

本日は、不動産の捨て方について解説していきたいと思います。

 

 

 

相続放棄

 

以前、不動産を捨てる制度は現在の日本にはないとご説明しました。

 

そんな中、現行の法律で考えられる唯一の方法が、「相続放棄」の手続きです。

 

相続が発生した場合には、相続人は、被相続人の財産を「承継」するか「放棄」するかを選択することができます。

 

「放棄」する場合には、相続が発生したことを知ったときから3ヶ月以内に、裁判所に対して相続放棄の申述をする必要があります。

 

相続放棄をした結果、相続人が誰もいないということになった場合には、その不動産は国庫に帰属することが法律で定められています。

 

 

 

国庫帰属不動産に関する事務取扱について

 

以前は、この法律があるにも関わらず、現金化できないような不動産について、国庫への帰属を拒否される、といったケースがありました。

 

ところが、平成29年に「国庫帰属不動産に関する事務取扱について」という文書が発出されました。

 

これによれば、相続人不存在となった場合の不動産について、国は「引継ぎを拒否することができない」旨が明記されました。

 

この文書により、不動産を放棄する道筋が示されたことになります。

 

ただ、相続放棄をする場合に注意しなければならないのが、一部の財産を選択して放棄することはできない、という点です。

 

相続放棄をした場合には、すべての相続財産を放棄する、ことになります。

 

放棄したい不動産以外に、自宅や預貯金などの資産がある場合には、放棄について慎重に検討する必要が出てきます。

 

 

 

相続財産管理人

 

また、相続放棄を進めた場合には、国庫へ帰属させるためには裁判所へ「相続財産管理人」の選任を申し立てる必要があります。

 

この手続きには、「予納金」として数十万円を裁判所へ納めることになります。

 

これらの手続きの手間や費用が依然、不動産を放棄するネックとして残ってしまっています。

 

弊社では、資産となるお住まい探しを掲げ、みなさまの不動産購入をお手伝いしております。

 

将来にわたって資産価値が目減りしないことがベストですが、少なくとも「売れる」「貸せる」といった視点での不動産選びをしていただければと思います。

 

 

 

ご不明点等がございましたら、

 

海老名市の不動産エージェント、海老名不動産情報館へお気軽にご相談ください。

 

代表 諏訪信忠

>海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

当社トゥルースは、神奈川県海老名市で2000年に設立された不動産会社です。

当社代表は不動産コンサルティングのプロフェッショナルとして、
宅建士・(公認)不動産コンサルティングマスター・相続対策専門士・CFP・1級FP技能、さらに法務大臣認証ADR調停人認定専門員として
競売不動産取扱主任者・相続診断士・敷金診断士の基礎資格を有しております。

不動産競売代行サポート・任意売却相談・相続対策などお客様のニーズに合わせて総合的な不動産コンサルティング業務を展開しております。
不動産相談は一人で悩まずプロにおまかせください。

海老名不動産情報館 有限会社トゥルース
TEL 046-292-2404
営業時間/9:00~17:00 定休日/不定期
神奈川県海老名市大谷北2-2-62