キッチンに電源が足りない問題

海老名市の不動産エージェントの海老名不動産情報館です。

 

本日は、電源について解説していきたいと思います。

 

 

決定的に不足するのが電源です!

 

電子レンジ、冷蔵庫、トースター、炊飯器…。昔と違ってキッチンで利用する電化製品が増えています。

 

購入する物件を検討する際に、これら電化製品を設置するスペースが確保できるか、というのは大きな検討ポイントになっていると思います。

 

先に挙げた定番のキッチン家電に加え、最近では具材を入れておけば自動的に調理してくれるオートクッカーや、電気のフライヤー、野菜ジュースなどを作るジューサー、食材を真空パックするシーラー、簡単に自家製パンが焼けるホームベーカリーなど、あると便利なグッズも増えています。

 

これら便利グッズは、共働き世帯のライフハックとして紹介されていて、以前に比べてもキッチンスペースの問題はより重要になりつつあると感じます。

 

さて、便利な調理家電やグッズが増えるとともに、決定的に不足するのが電源です。キッチンに限らず、日本の住宅はコンセントが不足し、設置位置もいまいちよくありません。

 

 

火災の原因になることも?!

 

キッチン周りの電源不足をタコ足配線で補っている家庭は多いと思います。

 

キッチンは、リビングなどと違って、コンセントが食器棚や冷蔵庫などで隠されてしまうことがあり、火災の原因になることが懸念されます。(電子レンジなどのタコ足配線は非常に危険です!)

 

これから家を買う方は、大型の家具・家電を入れてしまう前に、キッチンに必要な配線計画を立てることをお勧めします。

 

普段は隠されていても、掃除や交換時など必要な時にコンセントまでアクセスできる計画にしておくことが大切です。

 

また、電源ケーブルは折り曲げたり、束ねたりしてはいけません。(ケーブルが理由の火災が増えているようです)

先日テレビ番組で、芸能人の自宅で、「ケーブルが表に出るのが嫌なんですよ」と言って、家電の後ろに折り曲げられたケーブルが映っていたのですが、ケーブルの折り曲げは本当に危険なんです。

 

 

 

無理のない配線計画が重要です!

 

ケーブル類を表に出したくないほどこだわりたい人がやることは、上手く収めるではなく、無理のない配線計画です。

 

キッチンでの作業は家事の中でも大きなウェイトを占めます。

 

家事労力の改善のために、今後も便利なグッズがどんどん世に出てきて、ますますキッチンの電源が不足すると予想されます。※IOT機器の関係で無線LANなどネット環境も問題になるかもしれません。

 

物件検討時の電源の確保と、入居前の電源メンテナンス方法の確保は、これからの住宅購入に欠かせない要素となるかもしれません。

 

 

 

ご不明点等がございましたら、

 

海老名 不動産エージェント 海老名不動産情報館へお気軽にご相談ください。

 

代表 諏訪信忠

 

>海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

当社トゥルースは、神奈川県海老名市で2000年に設立された不動産会社です。

当社代表は不動産コンサルティングのプロフェッショナルとして、
宅建士・(公認)不動産コンサルティングマスター・相続対策専門士・CFP・1級FP技能、さらに法務大臣認証ADR調停人認定専門員として
競売不動産取扱主任者・相続診断士・敷金診断士の基礎資格を有しております。

不動産競売代行サポート・任意売却相談・相続対策などお客様のニーズに合わせて総合的な不動産コンサルティング業務を展開しております。
不動産相談は一人で悩まずプロにおまかせください。

海老名不動産情報館 有限会社トゥルース
TEL 046-292-2404
営業時間/9:00~17:00 定休日/不定期
神奈川県海老名市大谷北2-2-62