新築建物は誰のものか?建築請負契約と施主の関係

海老名市の不動産エージェントの海老名不動産情報館です。

 

本日は、建築請負契約と施主の関係について解説していきたいと思います。

 

 

 

建築中の建物は誰のものなのか?

 

今回は、新築建物の建築を建設会社にお願いした場合、いつから依頼者のものになるのか、というお話です。

 

 

引渡日から注文者の所有になる?!

 

ポイントは、建築中の建物は誰のものなのか、という点です。

 

一般的に請負契約には、引渡し日が定められています。

 

いつまでに請負人は建築を完成させ、注文者に引き渡すか、という規定です。

 

引渡日から注文者の所有になることは間違いありませんが、それでは建築中の建物は誰のものなのでしょうか。

 

 

 

裁判例では、材料を誰が提供しているかで判断?!

 

裁判例では、材料を誰が提供しているかで判断する、となっています。

 

材料を注文者が提供していれば注文者の所有物という判断になり、請負会社が材料を提供していれば請負会社の所有物という判断になります。

 

ただ、これは契約に決まりがない場合の原則ですので、契約書の特約で所有者が明示されていれば違った話になってきます。

 

 

建物の建築を依頼される場合にはご注意を!

 

こういった問題が起こるのは、建築中に請負会社がつぶれてしまった、又は建築中に注文者が亡くなってしまった、などの場合です。

 

あまりよくあるケースではありませんが、建物の建築を依頼される場合には、こういった話があることにご注意ください。

 

 

 

ご不明点等がございましたら、

 

海老名市の不動産エージェント、 海老名不動産情報館へお気軽にご相談ください。

 

代表 諏訪信忠

>海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

当社トゥルースは、神奈川県海老名市で2000年に設立された不動産会社です。

当社代表は不動産コンサルティングのプロフェッショナルとして、
宅建士・(公認)不動産コンサルティングマスター・相続対策専門士・CFP・1級FP技能、さらに法務大臣認証ADR調停人認定専門員として
競売不動産取扱主任者・相続診断士・敷金診断士の基礎資格を有しております。

不動産競売代行サポート・任意売却相談・相続対策などお客様のニーズに合わせて総合的な不動産コンサルティング業務を展開しております。
不動産相談は一人で悩まずプロにおまかせください。

海老名不動産情報館 有限会社トゥルース
TEL 046-292-2404
営業時間/9:00~17:00 定休日/不定期
神奈川県海老名市大谷北2-2-62