畳が6枚ある和室は6畳分の広さがあると思っていませんか?

海老名市の不動産エージェントの海老名不動産情報館です。

 

本日は、畳について解説していきたいと思います。

 

 

 

 

今回は、畳のお話です。

 

通常間取り図などで●畳もしくは●帖と記載されていたら、畳何枚分と想像する事が多いかと思います。

 

また、6畳の畳が敷いてあった場合は、6畳分の広さがあると思いますよね?

 

実際は、畳にも種類があり、必ずしも6畳分の広さがあるとは限らないようです。

 

畳にはサイズの企画があり、それぞれ下記のような寸法になっております。

 

 

 

畳の種類

 

◆京間 : 955㎜ × 1,910㎜ (3尺1寸5分×6尺3寸)

 

◆中京間 : 910㎜ × 1,820㎜ (3尺×6尺)

 

◆江戸間 : 880㎜ × 1,760㎜ (2尺9寸×5尺8寸)

 

◆団地間 : 850㎜ × 1,700㎜ (2尺8寸×5尺6寸)

 

 

 

1帖以上の差が出てしまう?!

 

京間と団地間で6畳の平米数を計算すると、京間は10.9443㎡、団地間は8.67㎡となり2.2743㎡異なることになります。

 

1帖以上の差が出てしまう事になりますね。

 

 

 

平米数から算出して何帖と表記しているので、一般的な広さには変わらない!

 

ですが、一般的に普及している畳のサイズは、中京間の「910㎜×1,820㎜」でこれに基づいて1.64㎡、端数を切って「900㎜×1,800㎜」で算出した1.62㎡が通常使われている1帖の数字と言われております。

 

ですので、地域などで多少異なりますが、内見の際には何㎡なのか?などとは、あまり気になさらなくても大丈夫なようです。

 

また、洋室の場合もいと思います。

 

最近では洋室のお部屋が増えてきておりますが、日本人は畳のお部屋にホッとされる方も多いのではないでしょうか。

 

内見の際にはこういった豆知識を踏まえてチェックしてみる事もおすすめします。

 

 

 

ご不明点等がございましたら、

 

海老名市の不動産エージェント、海老名不動産情報館へお気軽にご相談ください。

 

代表 諏訪信忠

>海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

当社トゥルースは、神奈川県海老名市で2000年に設立された不動産会社です。

当社代表は不動産コンサルティングのプロフェッショナルとして、
宅建士・(公認)不動産コンサルティングマスター・相続対策専門士・CFP・1級FP技能、さらに法務大臣認証ADR調停人認定専門員として
競売不動産取扱主任者・相続診断士・敷金診断士の基礎資格を有しております。

不動産競売代行サポート・任意売却相談・相続対策などお客様のニーズに合わせて総合的な不動産コンサルティング業務を展開しております。
不動産相談は一人で悩まずプロにおまかせください。

海老名不動産情報館 有限会社トゥルース
TEL 046-292-2404
営業時間/9:00~17:00 定休日/不定期
神奈川県海老名市大谷北2-2-62