消費税増税も気にしない!「次世代住宅ポイント制度」について

海老名市の不動産エージェントの海老名不動産情報館です。

 

本日は、次世代住宅ポイント制度について解説していきたいと思います。

 

 

 

 「次世代住宅ポイント制度」とは?

 

いよいよ本年10月に消費税が増税となり10%となります。

 

金額の大きな不動産購入にあったっては、その影響を心配されている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな方に知っておいていただきたいのが「次世代住宅ポイント制度」です。

 

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000170.html

 

「次世代住宅ポイント制度」とは、消費税増税による住宅取引の縮小を抑え、同時に良質な住宅の普及を促進しようというものです。

 

対象となる新築住宅の購入やリフォーム、注文住宅の取得をした場合に「次世代住宅ポイント」が発行されることになります。

 

ここで注意したいのが、「次世代住宅ポイント」が発行される住宅には条件がある、ということです。

 

例えば、「断熱性や耐震性などに一定以上の性能を持つ家」や「家事負担を軽減する設備(食洗機や浴室乾燥機、掃除しやすいトイレなど)がある家」を購入すると、このポイントが発行されます。

 

 

 

中古住宅を購入しただけではポイントは発行されない?!

 

一方で、中古住宅を購入しただけではポイントは発行されません。

 

中古住宅を一般の個人の方から購入した場合には、そもそも消費税がかかりませんので、ポイント発行による補助をする必要がないからです。

 

ただ、中古住宅を購入してリフォームをした場合には、リフォーム分に関してはポイント発行の対象とすることができます。

 

 

具体的な商品についてはこれから公募で決定されるようです!

 

発行されたポイントについては、防災、健康、子育てなどに関連する商品と交換できるようになるようですが、具体的な商品についてはこれから公募で決定されるようです。

 

また、この「次世代住宅ポイント」の発行に関しては、住宅取得者本人からの申請が必要になります。

 

 

 

ご不明点等がございましたら、

 

海老名市の不動産エージェント、海老名不動産情報館へお気軽にご相談ください。

 

代表 諏訪信忠

>海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

当社トゥルースは、神奈川県海老名市で2000年に設立された不動産会社です。

当社代表は不動産コンサルティングのプロフェッショナルとして、
宅建士・(公認)不動産コンサルティングマスター・相続対策専門士・CFP・1級FP技能、さらに法務大臣認証ADR調停人認定専門員として
競売不動産取扱主任者・相続診断士・敷金診断士の基礎資格を有しております。

不動産競売代行サポート・任意売却相談・相続対策などお客様のニーズに合わせて総合的な不動産コンサルティング業務を展開しております。
不動産相談は一人で悩まずプロにおまかせください。

海老名不動産情報館 有限会社トゥルース
TEL 046-292-2404
営業時間/9:00~17:00 定休日/不定期
神奈川県海老名市大谷北2-2-62