事故物件はお買い得?不動産と心理的瑕疵

海老名市の不動産エージェントの海老名不動産情報館です。

 

 

 

本日は、事故物件について解説していきたいと思います。

 

 

 

告知事項とは?

 

 

販売チラシの隅っこに「告知事項あり」という記載があることがあります。

 

この場合の告知事項とは事故、事件、自殺などの「心理的瑕疵(かし)」があったということを意味します。

 

こういった物件は「事故物件」又は「ジコブツ」などと呼ばれたりします。

 

事故物件が価格に与える影響については、以下の記事をご参考ください。

 

https://smile.re-agent.info/blog/?p=6039

 

 

 

契約した後から事故物件であることが判明した場合には、裁判になるケースも?!

 

事故物件は購入検討者に敬遠されてしまうため、「売れない」「貸せない」物件になってしまうことが多いのですが、最近はこういった事故物件を気にしない、という方も増えてきているようです。

 

たとえ過去に事故や事件があった現場であっても、相場より大幅に安く買えるのであれば構わないという意見も伺います。

 

もちろん、事故物件だからといって事件現場がそのままになっているわけではありません。

 

たいていは綺麗にリフォームされ、新築同様になっており、事件の様子は微塵も感じられないはずです。

 

心理的に問題がないという判断ができればお買い得、ということにもなるかもしれません。

 

事故物件に関しては、契約した後から事故物件であることが判明した場合には、裁判になるケースがあります。

 

買主から契約を取り消されたり、損害賠償請求となることもあります。

 

そのため、売主側や仲介事業者は、事故物件であることがわかった場合には、丁寧に買主に説明するように心掛けることになります。

 

 

 

お客様に、適切な情報提供を!

 

最近では、事故物件を専門に掲載するインターネットサイトも登場しました。

 

なかなか売れずに困っている事故物件の所有者と、事故を気にしないから安く買いたい購入検討者をマッチングしようというサービスです。

 

インターネットの普及、価値観の多様化は、不動産業界にも様々な影響を生み出していることを実感させるニュースでした。

 

不動産業界はいまだに古い体質を引きずっている業界ですが、日々新しい情報を意図的に取り入れながら、お客様には適切な情報提供をできればと思います。

 

 

 

ご不明点等がございましたら、

 

海老名市の不動産エージェント、海老名不動産情報館へお気軽にご相談ください。

 

代表 諏訪信忠

>海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

海老名エリアを中心とした不動産コンサルティング

当社トゥルースは、神奈川県海老名市で2000年に設立された不動産会社です。

当社代表は不動産コンサルティングのプロフェッショナルとして、
宅建士・(公認)不動産コンサルティングマスター・相続対策専門士・CFP・1級FP技能、さらに法務大臣認証ADR調停人認定専門員として
競売不動産取扱主任者・相続診断士・敷金診断士の基礎資格を有しております。

不動産競売代行サポート・任意売却相談・相続対策などお客様のニーズに合わせて総合的な不動産コンサルティング業務を展開しております。
不動産相談は一人で悩まずプロにおまかせください。

海老名不動産情報館 有限会社トゥルース
TEL 046-292-2404
営業時間/9:00~17:00 定休日/不定期
神奈川県海老名市大谷北2-2-62